姫1

今日は姫1のバレエのレッスンの日でした。 
ここでレッスンを受けるのも あと1回か2回か・・・。
バレエ団のプリマの方に教えていただいてるのに もったいないわ。
f0081877_22224063.jpg

ところで うちの姫1。親ばかですが 割とかわいい顔をしています。(と、思います)
お目々パッチリで 睫毛は濃くてとっても長ーい。
手足が長くて すらっとしている。
ルックスは よいほうでしょう。学校でもそれなりに モテてる(?)ようです。

なのにっ!

ズボンを後ろ前に穿いて 登校する!
左右違いの靴を履いて 登校する!
ランドセルを忘れて 登校する!

なんとかしてください・・・。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-07 22:45 | 姫君たち

お片づけ・・・涙

お雛様も終わったことだし 本腰を入れてお片づけを始めましょ ってことで
まずは 開かずの間『物入れ』を探索。
ここは斜め天井の屋根裏風に作ってあって結構おしゃれな空間。
本当は私のアトリエ(何のだ?)だったのに なんだかおもちゃの空き箱や
捨てられない雑誌やらが置かれ 何時の間にか 便利な物入れに成下がっている。
・・・ここだけで計5袋のゴミ。 この家が出来たときには 
「絶対 不用品は置かない!服でも  モノでも 人でもよっっっ!!!」
と思っていたのに 何時の間にか こんなにゴミと共生してたのね。
なんだか 人生をかんじるわね。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-07 02:18 | カウントダウン

送別会

姫1が幼稚園だったときに 役員をしてたんだけど 今でも交流があって仲良くしてます。
くじで当たった というか はずれた というか イヤイヤ始めた役員だったけど
今思えば 当たりだったわ。
姫1の幼稚園生活もよくわかったし、私も姫1も お友達が出来たし。

で、土曜日 幼稚園の役員友達が送別会をしてくれました。
大人8人 お子ちゃま 10数人。 盛り上がって 楽しかったわ~。
一時帰国、本帰国の時には またランチしましょうね。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-05 02:54 | カウントダウン

桃の節句

雛祭りなので ドレスアップ。
姫1はもちろん 姫2までも 自分にうっとり。
小さくても 女なのね~。
おやつの時間には いつもの怪獣に戻ってたけど。

f0081877_2272665.jpg


「夕食はやっぱり ちらし寿司でしょう!」と思ってたのに
給食の献立をみたら 「さくらちらし」・・・。
最近の学校給食って メニューも凝ってて すごいんだけど ひどいじゃない!
こういう行事モノメニューを 当日にやらないでほしいわ。
家庭でやるべきでしょ、家庭で!
せっかくの年中行事が 一つ潰れちゃったじゃないの(怒)
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-04 01:11 | 姫君たち

リエータ

ここ1、2年 代謝がすごく悪くなった気がする。
以前は「太った?」と思ったら ちょっと運動して 食事を軽めにしたら
すーぐ元に戻ったのに 今は 全然だめ。戻らない!
いまだ クリスマス・お正月太りをひきずっている。
っていうか、それが常態化してる。
「そういう歳だもんね」とは思うけど あきらめきれない私。
カロリーコントロールのため ダイエット食品に頼ってみた。
・・・なぜか 食後しばらくすると 「ガス」がでる・・・
「リエータ」っていうか「リへ()ータ」だわ、これ。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-02 22:05 | 徒然

あと1ヶ月

丁度1ヶ月後の 4月1日にシンガポールへ出発します。
旅行じゃなくて 駐在です、主人のね。
「あと1ヶ月~。桜観てからいけるかしら~?」なんて暢気にと思っていたけど 
船便とか考えたら もう3週間弱しかない! ドタバタだわ。

言葉の問題(当方日本語only)のこと 姫君たちの教育のこと などなど
心配なことは たくさんあるけど 多分 大丈夫。
私は 順応性が高いのよん。
姫1は 見かけによらず 楽天家だし、 姫2は わかってないだろうし。
それよりも 姫君たちと離れ離れになってしまう じぃじ・ばぁばのほうが心配。
子供の心配と 親の心配で 自分の心配をする余裕はなさそうですわ。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-01 22:57 | カウントダウン

はじめに

牡丹って 他の花より土を高く盛って植えてやらないと綺麗に咲かないらしいんです。

「私は ちょっと違うのよ。他の花と一緒にしないでちょうだい」ってことですか?
でも 「牡丹寺」やら「牡丹園」やら 日本全国にいーっぱいあるのよね。
自分が思ってるほど特別じゃないわけです、牡丹って。
「あらあら 私と一緒じゃなーい」ってわけで 「牡丹な女」です。
で、周りをみたらそんな女性ばっかりなんで(私の周りだけ?)、「達」。

日々のことを 呟いたり 絶叫したり 綴ってまいります。
[PR]
# by i-hanazakari | 2006-03-01 02:06